オーナー不在のAirbnbは、鬼門。
ケープタウン13泊目/南アフリカ180102

  • Airbnb高台のアパートメント(32US$)
  • Internet@ Airbnbの無料Wi-Fi

忙しいわけでもないのに、仕事始め。
午前中は遅々として進まず、午後は流流々〜。

 

民泊のAirbnbに住んでましてね。
ケープタウンで3軒目の我が家は、キッチンの電灯に電球がありません。暗っ!
トイレの電球は切れました。暗っ!
オーナーに連絡しても返事なし。
放置されています。
オーナーは、旅行中。
代理人がいるけれど、約束したチェックイン時間に来ないような人だから、まるでダメ男さんです、女性だけどね。
オーナー不在のAirbnbは、鬼門です。

過去には、フランスでオーナーが留守だったときは、やっぱり代理人が大遅刻。
死を覚悟するくらい待たされました。
アンドラ公国では、吹雪になるかもしれないのに2、3時間待ってくれって言われて、気分的に凍死寸前。
日本のAirbnbに電話したら揉め揉めに揉めまして、担当者が人の話を物理的に聞かないもんで、玉砕されたものです。
言い争って勝てるほど、人間ができていないのです。
朝生に出たら、10分で悶死します。

 

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ パン、卵焼き、メロン
  • 昼→ 自炊:スパゲティボロネーゼ
  • 夜→ 自炊:親子丼と白菜のスープ

国、地域別 アフリカ 南アフリカ Cape Town

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン