魔境に迷い込んで、パトカーに叱られた。
ケープタウン3泊目/南アフリカ171223

  • Airbnb(込み込み5,000円)
  • Internet@ Airbnbの無料Wi-Fi(無制限だけど、遅い)

昨日デビューしたばかりのウーバーですが、2日目にしてすっぽかされました。
車が来なかったのです。

なのに、アプリを見たら乗ったことになっています。乗車時間は1分以内。どういうこと?

 

しかも、

すでにクレジットが引き落とされていて、20.8ZAR(179円)!

 

詐欺られた?
金額の多寡にかかわらず、心臓ばくばく、一家心中クラスの衝撃波。
Refundボタンを押したものの、暗雲立ち込める我が家。
真相は、この記事の最後に。

 

世界的に有名(らしい)コーヒー屋「Truth Coffee」へ。
ふたりともコーヒーを頼まなかったりして、ナニしに来たのかわからんです。

カフェの美人お姉さん。アフリカの女性って、ほぼエクステンション。1週間に1度洗えばいいほうなので、ガン見するとフケだらけだったりします。フケ専にいいかもね。

 

えーと、サンタさん。
拙者、いつの間にかコーヒー党になったものでして、Coffee plunger(フレンチプレス)が欲しいです。
こういうの↓

 

Coffee plunger(フレンチプレス)を探してセントロを散歩していたら、いつの間にかバックパックのファスナーが開いていて「ゲゲッ!」と驚き、その辺の警備員にカバンは前に持てと注意されてお礼を言い、五稜郭のあたりから黒人しかいなくなったのに気づかずにいて、浮浪者がジョジョに増えてきて、あたりが小便臭くなり、空き地にお住まいの方々が空き地に洗濯物を干しているのどかな街角のなか、のんびり信号待ちしていたところ、巡回中のパトカーに叱られました。
Very very dangerous zone!

命からがら、逃げ出すボクらです。
どこまでも青空だったのです。

 

で、今日騙された感のあるウーバーですが、夕方、引き落とされたクレジットが戻されてました。
で、メッセージが

キャンセルする代わりに、乗せて降ろしたそうです。
そんな裏技、勘弁してください。
寿命が縮まったです。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ ラスク、卵焼き、スイカ
  • 昼→ 外食:フレンチトースト
  • 夜→ 自炊:スパゲティペペロンチーノ

国、地域別 アフリカ 南アフリカ Cape Town

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン