十万ドルもの大金をどうやってアルゼンチンへ運んだらいいのか。
ウシュアイア十泊目/アルゼンチン1401012

  • 上野山荘は改装中のため休館。留守番しております
  • Internet@ 上野山荘の無料Wi-Fi

氷河と氷山の町エル・カラファテに家を買う野望は、まだ消えていません。
ボクらが現地入りするまで、話が進まないだけです。
もしもし万が一、外国人でも家を購入できるとならば、十万ドルもの大金をどうやってアルゼンチンへ運んだらいいのかがわかりません。
アルゼンチンでは、US$の引き下ろしが厳しく制限されているので、銀行へ送金するとペソに化けてしまいます。
アルゼンチンペソは、一年間に三十パーセント以上目減りするので、最悪です。
そんなこんなの思いのたけを、在日アルゼンチン大使館(Embajada de la República Argentina en Japón)に質問しました。

飛行機でアルゼンチンへ米ドルを持ち込む場合、何万ドルまで可能でしょうか?
(※旅行代理店によると、一万ドル以上は税関申告が必要とありますが、何万ドルまで持ち込み可能で、その場合の税金はおいくらでしょうか)
事前に、審査かなにかを受けなければならないでしょうか?
このような事案は、どちらに相談すべきかご存知でしょうか?

Yukoの真似をして、半身浴を70分。
どうにもこうにも体調がさえないので、昼寝。
時々、狼の咆哮にも似た咳が出て死にそうです。
熱があるかどうかはわからないけれど、他に薬もないことだから(しかたなく)イブプロフェンを飲んだ。
病いは気からっていいますもんで、さぞかし効くことでしょう。

ウシュアイアの名前は、先住民族のヤマナ族が西に入り込んだ湾(USHUAIA)と呼んだことからきています。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 自炊:サンドイッチ
  • 昼→ 自炊:トマトだけのスパゲティ・ポモドーロ
  • 夜→ 自炊:昨夜のカレーライスの残り

アルゼンチン ウシュアイア 国、地域別 南米

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン