宿には、しばしば物乞いが来ます。
格子戸に顔を挟んで、腹が減ったからなんかくれ。
それだけ言ったら、あとはオーダーしたものがまだこないんだけど的態度で、ガンを飛ばすだけ。
懇願とか愛想とかすみませんねとかへへへとか毎度どーもとか、そういうお世話になります系のへりくだりが一切ありません。
先日、ボゴタの女の子がお菓子をあげたら、菓子じゃぁ全然足りませんがな、もっと腹にたまるもの出せよとなかなか引き下がりませんで、施しを受ける側が偉そうなのが、キリスト教の教えなんですかね。
今朝、クラウディアがパンと水をあげたら、一発でおとなしく帰ってくれました。
その引き際の美しさに敬意を表して、追い銭を差し上げたいくらいでした。

東京出身のKさんが、ボゴタから戻ってきました。
ビリヤードを交える。
チャンピオンの座は譲らず。

焼き魚の話です。
バーベキュー台の金網にアルミホイルを敷いて、油をたっぷり敷いて、ヒラメのような色白な切り身をじっくり焼いたら、水気がドコにも逃げなくて、どちらかというと煮魚になってしまい、焼けこげができず。
適度なお焦げがなくては、焼き魚と呼べますまいよ。
魚を存分に焼いて、クリスピーな皮を味わいたい。
そう言えばボクがご幼少のみぎり、我が家では魚を食べたあと、骨と皮をわざわざ石油ストーブの上で再び焼いて、食後のおつまみとしていました。
昭和のお話です。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 自炊:アレパ、フリホーレス、卵焼き、サルチーチョ、パン
  • 昼→ シェア飯:焼き魚、サラダ、野菜のホイル焼き、ゆで卵
  • 夜→ 自炊:ハンバーグ

コロンビア メデジン 国、地域別 南米

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン