いつまでたっても首の痛みがとれないです。
仕事に集中できません。
困ったもんです、東京の人に自慢するほど忙しくないけど、それなりにしなきゃならんことがあるのに。
 
左目から涙が流れる奇病が、再発しました。
左目が、涙と目やにで痛くなってきました。
なんか、このままどうなってしまうのだろう、と先行き感が限りなく不透明です。
東ティモールで朽ち果てそうな勢いがあります。
長生きできそうにない胸騒ぎしてます。
 
朝から、パティオで仕事。
 
昼飯は、海沿いの大使館銀座のあたりのカフェ。
体調がイマイチで、身体が食べなれた味を欲してるのです、と誰彼となくExcuseしちゃうあたりが、持ち前の気の弱さです。
カフェは中国大使館の角を曲がって、そこそこ歩いた先にあります。
と、余計な情報を盛り込んで焦点をぼかそうとするあたりも持ち前の臆病さのなせる技です。
 
メニューによると、ハンバーガーにフレンチフライがついていません。
ハンバーガーだけでUS$9もするんすか、とぼやきながら、断腸の思いでUS$4のフレンチフライを別に注文しました。
US$4ごときの芋が食えんで、歌舞伎町育ちを名乗れるかい、ってなたいそうな鼻息です。
それぐらい息巻かないと、無理です、注文できません、高くて。
不退転の決意って奴です、US$4の芋は。
そしたらフレンチフライがダブルでやってきました!
鬼だね。
なんとなく想定内っていえば、想定内なんだけど、我が身の情けなさを俯瞰してて涙が出ます。
お姉さん、教えてくださいな、ハンバーガーにチップスが付くなら付くと、メニューに書いてないじゃん。
最初に訊けばいいじゃん、って話ですが、それができないシャイな性格が、ここまで長らえた秘訣なんです。
訊けません。
ってか、女給に英語が通じないから面倒くさい。
 
宿のトイレの話です。
便座に黄色い小便が、大量にかかってました。
誰かが、便座を上げないで立ち小便したんですね。
誰かって、誰だか分かってるんだけどね、いまほとんど人がいないし、さっきトイレへ行ったのは、後ろ髪をちょっとだけドレッドにした、色黒の彼です。
どっちの方向に百歩譲っても、彼が犯人です。
かっこつけるのはいいけど、小便くらいちゃんとしようよ。
便座を上げて小便する、そしてよく振る、それが男の本懐でしょう。
それが言えない。
言わない、それがボクの処世術です。
 
夜のビールが、生温い。
静かなゲッコー。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ お菓子
  • 昼→ ハンバーガーとチップス。祐子は鶏カレー
  • 夜→ 昼に買ったチップス

アジア ディリ 国、地域別 東ティモール

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン