カフェ「DeRoyalle Cafe」でマレー料理の「ナシレマック」を食べて、そのままネット。
マレーシアの定番朝食「ナシレマック」のご飯のおかずは、ピーナッツと小魚です。
ピーナッツでご飯を食べるのに、慣れました。
 
土曜日ですが、ブルネイ・ダルサラーム国で、ノマドってます。
ボクら「海外安宿放浪ノマド」に、曜日は関係ありませんねん。
ちなみに、ブルネイの週の休日は金曜日と日曜日です。
土曜日は平日です、これはイスラムの教えですかね。
 
ブルネイのバスは、信じられないことに、夕方6時くらいで終わります。
一国の首都とは思えない早じまいです。
遊園地が夕方から始まるので、The Empire Hotel&Country Clubからジュルドンパーク遊園地までは、バスの運転手に白タクをお願いしました。
公共のバスを使って、白タクしてくれました。
犯行は大胆だけど、お代は一人B$1(60円)と、リーズナブルです。
 
57番のバスに揺られて45分、世界に2つしかない7つ星ホテル「The Empire Hotel&Country Club」へ。
無駄に星が多いホテルですが、Tシャツ、短パン、サンダルOKデシタ。
庶民派七つ星の、海を望むラウンジの吹き抜けは豪快なり。
館内の基本デザインは、白い大理石に金色の装飾。
豪華といえば豪華だけど、ま、これくらいのホテルなんてどこにでもあるんじゃない、と、安宿にしか泊まらないクセに思ったものです。
貧乏人の根拠のない自信って、どっから湧き出て来るのでしょう。
そのくせ、ケーキバイキングが二人でB$30(1,800円)もしたので、断念。
美味しくないスイカジュースを飲んでしまい、激しく後悔してます。
ちなみにもうひとつの七つ星ホテルは、ドバイの「ブルジュ・アル・アラブ」。
こちらは、短パン、サンダルは禁止だそうです。
 
海の遥か先に、小さく赤く燃える炎。
油田だね、きっと。
あそこから、日本へ輸出してるんですね。
いつも御世話になります。
 
「ジュルドンパーク」は、国王が自分の誕生日に、国民へプレゼントした、まったく意味不明の遊園地です。
誰もお客さんがいないのに絶叫マシンが滑走する、最高に不気味な遊園地だと聞いていたのですが、今は単なる公園に成り下がってました。
絶叫マシンはすべて撤去され、メリーゴーランドが静かに回ってました。
メリーゴーランドじゃ、絶叫できませんねん。
P6024619.jpg
マイケルジャクソンがコンサートを開いた、由緒ある遊園地なんですけどね。
ところでこの遊園地というか公園は、夜しか開いていないのに、夜はバスがありません。
タクシーも走っていません。
どうやって帰れ、っていうのでしょう。
守衛のお兄さんに、みんなどうやって帰るの?
って訊いたら、即答で
みんな車で来る。
じゃぁ、外国人の観光客は?
レンタカーで来る。
なるへそね。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ カフェ「DeRoyall Cafe」ナシレマク(B$5.9),祐子はフレンチトースト(B$5.9)
  • 昼→ 昼ご飯抜き
  • 夜→ エビカレー。祐子はレモンチキン

アジア サバ州 バンダルスリブガワン ブルネイ 国、地域別

トラックバック用URL

お便り

  • 最近 ”ノマド”って言葉が氾濫してますね。流行ですか?:)

  • ”ノマド”流行中ですね:)

  • なんかね、日本の一部で流行ってるようなんですよ。
    だけどね、スターバックスはどうだとか、生き方がどうだとか、会社がうざいとか、かっこつけるなとか、そんなのばっかで。。。
    ノマドなら、おいらに語らせろ!…的な思いがして、、、
    七年以上やってるんだぞ、って威張りたくなって、、、
    ちょっとうざかったかね最近、ノマドノマドって。
    日本、帰るの?
    ギター、やってる?

お便りを投函。ポトン