KOTARO君が歌ってくれた夜。シドニー16泊目/オーストラリア110927

  • アッシュフィールドのシェアハウス(一人週95A$。電気代は別途)
  • Internet@ シェアハウスの無料Wi-Fi

Terryさんから、お寿司を頂きました。
お稲荷さん、激美味!
河童巻きがしみじみといいのです。
 
今宵はシェアハウスの歓送迎会。
酒屋でビールを大人買いして、新疆ウイグル自治区料理の中華レストランへ。
新疆ウイグル自治区ってこの辺↓
 

大きな地図で見る
 
隣の部屋に一年も住んだ道産子カップルが明後日旅立ち、ボクら道産子夫婦も来月二日に御暇し、代わって山梨組みが入居する新旧入れ替え式です。
オーナーKOTARO君の人望と尽力で、隣の駅Summer Hillsから可愛らしい看護婦さんが二人、そして何故かボートに住んでいる謎の奥さんがゲスト出演してくれました。
羊のスープが絶品でした。
 
宴もたけなわ、それぞれがそれぞれとそれぞれに話してたころ、突然野太い歌声が店内に響きました。
KOTARO君が祐子の誕生日を祝って、Happy Birthdayを歌ってくれています。
白いケーキと黒いケーキを手にして。
ありがとう。
でもね、地震兵器のハープ(HAARP)を使って、北海道独立はないと思うぞ。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ パンとみかん
  • 昼→ はじめシェフによる、寿司の祭典
  • 夜→ 中華レストラン

オーストラリア オセアニア シドニー ニューサウスウェルズ州 国、地域別

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン