フランス人のご飯がスゴすぎる。Maleny→Noosa/オーストラリア101128

  • Noosa Tewantin Caravan Park(30A$)
  • 本日の走行距離 121キロ
  • Internet@ 15分無料が

Malenyの日曜マーケットに寄り、蜂蜜、クリスマスカード、生姜を買いました。
18A$で売られてた中古のボストンバッグ(時代錯誤的に巨大な115リットル)を買おうか買うまいか家族会議を開いたり17A$に値切ったりしましたが、断念しました。
McCarthy’s Lookoutから、サンシャインコースト側の下界を眺める。
雄大なり。
絶景なり。
祐子が2軒隣りの売り家に誰もいないからと、オークション物件、下手すると2億円以上しそうな高級住宅に侵入して、勝手にベランダを歩いたりしてました。
ボクにはそんな勇気はありませんで、恐れを知らぬ祐子を眺めるだけで胸がいっぱいになります。
 
椰子の木が繁る、鴨がうろつくキャンプ場。
 
2個しかないガスコンロのひとつを使ってお米を炊いてたわけです、ボクは。
丁寧に米を研いだあと、水につけて15分ぢっと待ち、コップで正確に水の量を計り、沸騰してから弱火で20分。
火を止めてから、15分待機。
そんな科学者のようにご飯を炊いてたボクの横で、たぶんフランス人だと思うんだけど、鍋に適当に水を入れて、米を計らずに突っ込んで火にかけて、お粥状になったところで、バターチキンの缶詰をどばどば混ぜて、おかずなしで食べてました。
やっぱりフランス人には勝てないな。
たぶんフランス人だと思うのだけど。
間違ってたらごめんなさい。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ パン
  • 昼→ カフェでBLT。祐子はフレンチトースト
  • 夜→ カニかまと野菜炒め

オーストラリア オセアニア クィーンズランド州 国、地域別

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン