札幌タクシー事件、(やっと&ほぼ)解決!
東川71泊目190531

  • 東川邸
  • Internet@ 東川邸のWi-Fi

札幌タクシー事件が、(やっと&ほぼ)解決しました。
後方不注意でぶつかって来たタクシーの自分勝手な主張は、自分の車は自分で直せ!
一銭もはらわん、訴えたきゃ訴えろ!
完全に開き直っていたわけですが、超有名市民派弁護士にご登場いただいたら、するっと態度が変わったわけです。
過失割合を拒否していたものの、82.5対17.5までこぎつけました。
逆転です。
現金を手にするまでが仕事ですからまだまだ気を抜けませんが、修理費の8割少々となると、8万ちょろちょろの支払いです。

それにしても、ぶつかっておきながら金は払わんと威張る、ヤクザ企業「某タクシー(社名を発表したい〜)」。
ごめんなさいねー、よく見てなかったんだわーと謝りながら、金銭的にはミジンコも誠意を見せない悪徳企業「某タクシー」。
弁護士のおかげで修理代を手にすることができましたが(予定)、それでも自己負担2万円。
喜べない勝利です。
みなさんも気をつけてくださいね、某タクシーには。

というわけで、そろそろアフリカに戻ります。
急いで、国際免許証を取らなきゃ。
ウガンダに残してきた車、あるかな?

 

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 鮭
  • 昼→ ざる蕎麦
  • 夜→ 青梗菜の湯豆腐。うどんでシメ

アジア 一時帰国/日本 国、地域別

トラックバック用URL

お便り

  • タクシー会社としては予定通りだったのでは?
    脅しておいて音沙汰なければそのまま、
    訴えるといえば示談にするという流れで。
    実際、裁判になったら名前が公表されますしね。

    タクシー会社が不徳であることはその通りですが、
    金銭的なやりとりは警察不介入であることが、このような連中を生み出す原因かと。

    • A5くんのおっしゃるとーり!
      間違いなくタクシー会社のシナリオです。
      世の中、ゴネたもん勝ちですよ。

      こういうヤクザ企業による被害報告サイトが欲しいね。

お便りを投函。ポトン