頭に漬物石がのっかったような暑さ。

宿の親父ダハメッド。毎晩目の前で、ボクらの食べ残した晩御飯を食べるんだけど、ごめん、おかずは全部食べちゃった。

 

 

モーリタニアって、誰も何も想像していないでしょうが、意外にほっこりしています。
物乞いする子供と関わらなければ、想像の50倍くらい和みます。
特にオアシスが、誰もいなくて狙い目。
シンゲッティのあたりは2007年までは観光地として賑わっていたのですが、クリスマスイブにテロリストがフランス人4人を殺害。
犯人たちがアルカイダ関係だったこともあり、翌年パリダカールレースが中止。
週二回のヨーロッパ便がなくなり、閑古鳥です。

 

閑古鳥も飛び立った見捨てられたオアシス「Terjit」を訪問。
小村の小道は、砂に埋没。

我が家の「ChinGo!」だと、完全に埋まるレベル。

 

これを越えればキャンプ場。
撤退するのも癪なので、タイヤの空気を抜いて突っ込みます↓

なんとかなるもんですね。
この後、2、3箇所の難関がありましたが、無事にクリアー。

 

キャンプ場の丘からオアシスを望みます。
旅人は、ジョアンカップルとチャリダーのカナディアンだけ。

王様気分。脳みそに剣山をのせられたように暑いけど。

 

音がしない村。

 

人の気配がない。

 

 

散歩。
オアシスの小川を遡ると、

ヤシの木のあたりが、小川の水源地。

 

 

ひとっこひとりいないと、それはそれでちょと怖い。

 

ジョアンカップルと車の修理。近所の親父が新しいバッテリーを買ったんだけど、容量が小さくてエンジンがかからない。

 

左手がダイニングのような部屋。炎天下でも涼しい。爆睡レベルの快適さ。

 

食事は、無料サービス。
昼は、チャーハン。
晩飯は、ラクダ肉のパスタ。
車座に座って、一枚の大皿から直接スプーンですくって食べるグループ飯。
遠慮のかたまりが、壁となって残ります。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 食べない
  • 昼→ 宿の昼食(チャーハン/無料)
  • 夜→ 宿の晩飯(ラクダのパスタ/無料)

国、地域別 アフリカ モーリタニア Terjit

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン