今日は、苦労したって話を長々と。
朝8時に保険会社を訪ねたら、営業時間になってもひとりも出社しなくて待たされ、やがて陽気なおばさんがふたり対応してくれたけど、グリーンカード(ヨーロッパで使える車の保険)は取り扱いなし。
無保険で国境を突破する覚悟を決めてボーダーへ臨めば、愛想のないイミグレ係官に日本の保険を見せろと言われてそんなものはないからと言い訳したけれど待たされ、放置されたわりにはなんのおとがめもなく開放され、よくわからないまま高速料金販売所で高速料金をプリペイドし、一路ブダペストへ向かうわけです。
で、思ったんだけど、高速道路って乗るんだべか?

 

稚内を旅立って一年。
はるばる来たぜユーロ圏です。
ガソリンスタンドで、ドーナツ2個とジュースを買ったら、7ユーロ。
さすがユーロは高いねと感心するYukoですが、そりゃなんかの間違いじゃろとレジに抗議したら、4ユーロに下がりました。
油断も隙もありゃしないユーロです。

110km走行の自動車道を90kmに勘弁してもらい、ルーマニアの携帯電波が届かなくなったので、ガソリンスタンドやカフェでネットを紡ぎながら、ハンガリーの保険屋を探します。
日本で一番大きなバイクショップ「REDBARONハンガリー店」で保険屋の住所をゲットし、紹介された保険屋でほかの保険屋の住所をゲットし、巨大ショッピングモール「TESCO」でSIMカードを購入するけれど電話すら通じず、気が狂いそうです。
心のない担当者にその携帯が悪いんじゃね?と口元と目線で馬鹿にされ、自力で原因を探り出したら、携帯会社を選んでなかっただけでした。
それでもね、携帯屋の兄ちゃんにお陰様で電話が繋がったよありがとさんと礼をするあたりは、礼節の日本人です。
SUZUKIの販売店でオイル交換と車の健康診断をお願いしたら、リフトのサイズがあわないからと断られ、保険屋へ向かえば超渋滞。
苦労に苦労を重ねてグリーンカードに入りましたが、ひとつき3万円もしました!
ルーマニアだと1.7万円だったのに!ブルガリアだと4,600円だったのに!
ヨーロッパの車旅は、どこでグリーンカードを買うかがポイントです。

 

 

7年前にお世話になったI氏邸を訪問。
ハンガリー人の奥さんが握ってくれた寿司、唐揚げ、お味噌汁の晩餐。
キリンビール一番搾りをきゅきゅきゅっと一杯。
お土産に日本酒とハンガリーのお酒を頂きました。

いやあ、いい夜だこと。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 珈琲
  • 昼→
  • 夜→ にぎり寿司、鶏の唐揚げ、お味噌汁等々、豪華な日本食

ハンガリー ブダペスト ヨーロッパ 国、地域別

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン