碧く輝くトルコ石の仕入れ。
マシュハド→ネィシャブル/イラン160130

  • イラン人の個人宅(三食込みで25US$)
  • 本日の走行距離 71(総計20,120)キロ
  • Internet@ SIMカード

イランのややこやしいのは、値段は「トマン」という単位を使い、お札の単位は「リアル」。
トマンとリアルはひと桁違いで、ボクらの予算は「米ドル」だということです。
しかも隠し財産は「日本円」。
いざとなったら「ユーロ」。
計算が追いつきません。

某イラン人ご夫妻を車に乗せ、130km離れた町ネイシャブへドライブ。
生活費を使って、「Jaboo」のトルコ石を仕入れます。

 

キャラバンサライという昔の宿を改装したショッピング街で、トルコ石探し。
次にバザールの宝石店で、トルコ石の仕入れ。
次に次に中学校の先生の家で商談。
さらに別の先生の家で商談。
すっかり真夜中。

 

44P_4537

絵描きだかイラストレーターを目指す娘さん。キッチンの床で昼寝するほど、なんだか無防備。

 

44P_4578

珍しく優しい微笑みをした娘。

 

44P_4568

英語を話す中学二年生。こちらでは、眉毛は繋げるもの。大学生になったら、Facebookが許されるそうです。

 

44P_4553

一日中、石を研磨するお姉さん。

 

44P_4556

絹糸で編まれた靴。

 

44P_4555

絹糸で編まれた靴。約6万円。すごくいい品なんだけど、靴底が残念なぐらい安っぽい。

 

宿場の宿キャラバンサライをリノベートしたレストラン。小上がりにシートを敷いて食事。

宿場の宿キャラバンサライを改装したレストラン。小上がりにシートを敷いて食事。イランの伝統的食事が、ひとり2.5US$くらい。安すぎます。

 

44P_4573

中学校の先生の副業が、石屋。自宅の地下室でトルコ石を研磨。

 

44P_4577

先生のご自宅で、商談。Yukoのかぶっているものは、母の手編みのマフラー。

 

44P_4550

イランの木彫り人形。これはそうとうレベルが高いよね。

 

晩ご飯は、石屋さんファミリーにお邪魔します。
20畳くらいのリビングにビニールシートを敷いて、あぐらを組んで食事。
アルコール類は一滴もない。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ パン
  • 昼→ 外食:キャラバンサライでアーベグーシュト(5US$くらい)
  • 夜→ ホロモロ

国、地域別 中東 イラン ネィシャブル

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン