今日も愛を持ち寄る人がいる。
Kyakhta→ウランウデ/ロシア150929

  • ホテルKEMPING(一泊1,300ルーブル/トイレシャワー、朝食付き)
  • 本日の走行距離 245(合計9,073)キロ
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

朝一番、ガソリンスタンドでポテトチップスを買い、一宿のお礼をしました。
無愛想なお姉さんは最後まで無愛想でしたが、放置プレイに似た愛情を感じました。

今日のルートは、紅葉地帯。
オレンジと黄色が延々と続きます。

 

44P_2682

ロシアは廃墟の宝庫。ほどよく植木が飾られて、奥ゆかしいです。

 

44P_2681

噴水の泥に書かれた謎のメッセージ。

 

44P_2685

ウランウデのお約束。ギネスに載った巨大頭のレーニン。

 

勝手知ったるウランウデに到着し、前回と同じ宿に部屋をとります。
チェックインのときに気付いたのですが、料金は時間制でした。
一時間からご利用できます。
つまりラブホなのかもしれません。
どうりで隣の部屋から、愛を持ち寄ったようなきしみ音と、苦しそうな女性の断末魔が聞こえるわけです。

繁華街をうろつき、チャージしてもすぐに使えなくなる謎のロシアのSIMカードをリチャージ(7GB/560ルーブル/1,031円)。

晩飯は、巨大なタマネギくらいの小さなスイカ一個(36ルーブル/66円)。
安上がりなボクらです。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ カキリエタ、ボルシチ 昼:牛肉のスープ、ペプシ
  • 昼→ 牛肉のスープ、ペプシ
  • 夜→ スイカ

ヨーロッパ 国、地域別 ロシア ブリヤード共和国

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン