軋むベッドの上で、優しさを持ち寄らないでほしい。
ダルハン→Kyakhta/ロシア150928

  • ガソリンスタンドの駐車場。カメラに写る位置へ移動
  • 本日の走行距離 134(合計8,828)キロ
  • Internet@ インターネットなし

昨夜の宿は、ベッドのスプリングが弱いです。
夜中、ずーっとギシギシ唸ってました。
隣の部屋から、メトロノームを使っているんじゃないかと思えるくらいの一本調子なリズム。
優しさを持ち寄ってギシギシギシギシ唸らせ、ときどき静かになって、感嘆符が漏れ聞こえたり聞こえなかったりして、再開。
間合いを想像してしまいます。

駐車場では、ボクらの車のフロントガラスだけ、異常に凍りついていました。
どうしてなんでしょう?

 

44P_2662

ヤギや羊の群れが道路を渡っていても、トラックは容赦ありません。クラクションを鳴らして突っ込みます。見ているボクらが悲鳴をあげます。

モンゴルの運転手って、基本的に譲り合いの精神はありません。
免許証取り立てのヤンキーのように、ドライビングテクニックを見せつけてくれます。

 

44P_2672

昼飯に立ち寄った食堂の子連れシェフ。お兄さんが調理中は、Yukoが赤ん坊を抱きます。すぐに泣かれちゃうんですが。

 

44P_2675

モンゴルでの定番昼飯。

12時20分に国境のゲートに並び、すべての手続きが終わってロシアに入ったのは17時40分。
実に五時間半。
国境を越えただけで、夕方。
今日は、もう寝ます。

44P_2678

今宵の宿は、ガソリンスタンドの駐車場。ウランバートルでラクダの布団を買ったので、暖かいです。夜中にスタンドのお姉さんがやって来て、防犯カメラに写る場所に移動させられました。無愛想なお姉さんでしたが、一応、気を使ってくれていたようです。

 

ウランバートルで買ったMADE IN MONGOLIAの布団に、ラクダの絵が描いてあります。
よく見たら、こぶがひとつしかありません。
モンゴルのラクダはふたこぶなんですが、騙されたのかなぁ。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 食べない
  • 昼→ カフェ(スープ一杯)
  • 夜→ 「タケルくん」でご飯を炊き、缶詰

未分類 ヨーロッパ 国、地域別 ロシア ブリヤード共和国

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン