たいした美味くない宿の朝飯を食っていたら、二の腕の弛んだ脂肪がビブラートするほどの大音響ミュージックが飛び込んで来た。
いったいぜんたいなんやねん?
犯人は、公園脇で演奏するバンドと取り囲む群衆。
まだ朝の八時半だし、甚だしく迷惑だし。
ラテン人って、音に関してはひどく寛容なのはなんでなんですかね。
定期的に耳掃除してますか?

宿の巨漢黒人女性が、さっきから何か話しかけてくれてるんだけど、何を言ってるのかさっぱりわかりません。
聞き返すとより強い口調になるので、だんだん恐くなってきました。
ごめんなさい、参りました。
降参です。

散歩。
通りにほとんど人影なし。
ゾンビのような浮浪者。
油断ならぬ若者。
巨大な水たまりとゴミ、破壊された自動車、腐った匂い、無駄に広い道路、街全体が廃墟感満載。
知らないうちに人類が滅びたかと疑心暗鬼で歩いてたら、今日は感謝祭(Thanksgiving Day)だと気付きました。
祭日だったんですね。
みな、家にいるんですね。
それにしても、どこを歩いていても、速攻で襲われかねないほどの、ゴーストタウンぶりです。
緊張で、尻の穴に力が入ります。
ぷ〜。

高級ホテルが立ち並ぶCondadoビーチで、読書と昼寝。
Cafeで、昼飯。
バラバラに帰宅。
当然のように迷子。
警察官に道を尋ねたら、危ないからタクシーに乗れと言われた。
タクシーは、家計を危うくします。

夜、誰も歩いていないバス通りを突っ切って、ジュースを買いに出かけました。
カエルが咆哮する空き地。
空き家の黒い窓。
消えた街灯。
壊れて放置された車。
歩道を防ぐ車のバンパー。
腐った匂い。
倒れたホームレス。
誰かの叫び声にビビる。
置屋のカウンターに並ぶ女性たち。
ほとんど車も通らないので、車道を歩いたほうが安全。
交通事故より、強盗が恐い。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食。ホットケーキ
  • 昼→ 外食:焦げてたハンバーガー+コーラ。Yukoは、エビ
  • 夜→ 自炊:リンゴだけ

国、地域別 中米、カリブ海 アメリカ プエルトリコ

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン