キャンピングカー(campervan)のインスペクション(見学)、第二弾です。
お値段、6,800$(532,000円)。
3652jjf_20.jpeg
Mitsubishi starwagon/1996年モデル/22万キロオーストラリアでは80年代生まれの30万キロオーバーが普通に現役ですから、96年生まれの22万キロといえば、人間に例えるとまだまだ課長クラスだと思います。
珍しく後部座席を残してるので、五人乗りです。
Inside 4.JPG
たいていのキャンピンガー(campervan)は後部座席を取り外してるので、二人か三人乗りが標準です。
ちなみにシートベルトをしていないと交通違反です。
 
今回の車はオーナーのこだわりが随所にみられます。
ご紹介しましょう。
まず大工が作り込んだというこだわりの一品、折りたたみ式ベッドです。
匠の技を見てみましょう。
まず後部座席を倒します。
bed 4.JPG
bed 5.JPG
後に隠れていた板を持ち上げて前方へ開くと、
bed 7.JPG
板がフラットになりました。
bed 8.JPG
マットレスを敷いて、ハイ出来上がり。
bed 9.JPG
とてもシステマチックですが、マットレスや寝袋や荷物を一度運転席側に移動しなければならず、目に見えない地味な仕事もあります。
 
バッテリーも自慢してました。
オーナーが熱く語るには、増設したPower inverterはWEACOの350W (230V) で「これはプロ仕様だ」そうですが、残念ながら馬の耳に念仏でした。
コンセントを壁に埋め込み、USB専用のソケットもあります。
 
ベッドの下に隠された60リットルの巨大水タンクも自画自賛です。
水道から直接給水できるホースは、確かに便利かもしれません。
 
そしてシステムキッチン。
Kitchen 2.JPG
付属の板を所定の位置へ組み込めば、ガス台になります。
086027f_19.jpeg
外で調理できるのは、魅力です。
 
メンテナンス的には、全てのベルト(タイミングベルトも)を交換したばかりです。
キャブレターも完璧です。
オイルとフィルターは8,000キロ毎に交換してます。
ほか付属品は、
Wheel locker←なんだろこれ?
寝袋、枕、カバーが二人分
キャンピングチェア四脚とテーブル
冷蔵庫、ガスコンロ付き。
ガスのボトルは3リットル。
テント。
キッチン用品は、ゴミみたいでした。
 
屋根には4本のラックがあり、サーフボードが”おまけ”で付いてきます。
サーファーではないボクらには迷惑な話です。
 
問題は車内にテーブルがないこと。
そして駐車場がないこと。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。 | Sep 11, 2010

旅々、悶々。 Column オーストラリア オセアニア シドニー ニューサウスウェルズ州 国、地域別

トラックバック用URL

お便り

  • なんと良いオマケ!でしょう。世の中捨てたもんじゃないですね。パソコンの方がいいですが・・
    僕の車は先月死亡し、無理やり直したら結構な値段で売れました。。キャンパー欲しい。サーフボード欲しい。ビザ・・・。

  • ビザ、まだですか。
    遅いですね。
    そろそろまずいんじゃないですか。
    サーフボードは、取りにきたら差し上げますよ。

お便りを投函。ポトン